自動車保険の基礎知識

自動車保険の基礎知識

自動車保険の基礎知識

安い料金

自動車保険の基礎知識として、一番に知っておきたいのは、それが自賠責保険と任意保険の二種類に分かれているということです。

 

自賠責保険は別名強制保険ともいい、車を購入するときあるいは車検の際に、加入が義務付けられている保険のこと。
「死傷事故の被害者救済を目的として加害者に賠償義務を果たさせるための保険」という札書きの通り、運転手である自分のケガや車の賠償を約束するものとは違います。

 

事故が起こったとき、傷害があれば120万円、死亡などがあれば最高で3000万円までの保険金がでますが、実際には、人身事故での損害賠償がこの範囲内の値段でおさまることはあまりないようです。

 

もうひとつの任意保険は、いわゆる上乗せの保険。
自賠責保険ではまかなえない部分(自分や、同乗者への補償)を補うために存在しており、加入は個人の自由です。

 

保険によって補償内容や保険料は大きく変わってきますが、人身事故の場合、最低でも5000万円という補償がなされるのが普通で、上限はないようです。

 

さらに、この任意保険は、リスク細分型と補償拡大型の二つに分けることができます。

 

>トップに戻る