自動車保険の見積もりをすれば図書カードがプレゼント

自動車保険の見積もりで図書カードのプレゼントがもらえるのはココ

自動車保険の見積もりで図書カードプレゼントが無料でもらえるのはこちら

楽天自動車保険 図書カード

自動車保険の会社には数多くありますよね。

 

イーデザイン損保
SBI損保
セゾン自動車火災保険
ソニー損保
チューリッヒ
三井ダイレクト損保
アクサ損害保険
AIU保険富士火災海上保険
あいおいニッセイ同和損害保険
損害保険ジャパン
三井住友海上火災保険



などなど。
それらをすべて調べるのはとても大変。

そんな時には保険スクエアbangやズバット自動車保険のような一括見積サイトがあります。
保険スクエアbangやズバット自動車保険のようなサイトでは一度に複数の自動車保険の見積もりがもらえるのでとても便利!しかも無料なんです。

 

せっかく自動車保険の見積もりをするのであれば、プレゼントがもらえる自動車保険見積りサイトがあります。

 

図書カードなどのようなプレゼントがもらえる見積りサイトには2通りがあります。

 

1.契約しなくても見積りをするだけでプレゼントがもらえる自動車保険一括見積サイト
2.見積りをしてそこから契約をすればプレゼントがもらえる自動車保険

 

プレゼントをもらいたいのであれば、自動車保険一括見積サイトの利用は必須です。
その後、プレゼントがもらえる自動車保険会社に申し込むのがベストです。

 

見積りするのなら図書カードなどのプレゼントがもらえる一括見積もりを利用しましょう。
自動車保険の一括見積なら多くの保険会社から一度の申込みで複数社比較できます。

 

ここで紹介する自動車保険ではキャンペーンで図書カードやマックカードがもらえます。
自動車保険の更新がくるから次は安いところがいいですよね。どこの会社でも同じではないの?と思っている方もいるかもしれません。
でも自動車保険は保険料が何万円も安くなるようなこともあるのです。しかも今はディーラーに勧められた自動車保険を利用しているという方であれば、ネットでの自動車保険の申込みは今までやったことがないですよね?
とすれば、ネットでの自動車保険の方が格段に安いので、一度検討しておいた方がいいでしょう。

 

ここで紹介する一括見積では、別に契約しなくても「見積もりするだけで図書カードやマックカードがもらえるのです。
図書カードの他にもマックカードなどプレゼントがもらえる自動車保険一括見積りサイトをまとめてみました。
無料でプレゼントがもらえる自動車保険見積りサイトを調べて全部まとめました。ここで紹介する以外にはありませんのでプレゼントが欲しい人は見積りをしておいが方が良いと思います。

 

保険料は安ければそれだけ良いと思っている方もいると思います。ただ気をつけてもらいたいのは、知らずに簡単に自動車保険を選ぶと後悔します。見積もりをしっかりと比較することが大事です。

 

見積りを申込むと各社の見積もり表一覧が送られてきますので、後でじっくり検討してみてください。

 

見積もりのたびに同じことを入力しないといけませんが、
一括見積もりサイトであれば、それを1回入力するだけで、5〜10社といった複数社から見積もりをもらうことができます。
一括見積もりサイトのメリットは、自分が提携している保険とどのくらい変わるか比較できるので分かりやすいのが特徴です。

 

当サイト運営者の私も毎年必ずこちらで紹介している一括見積りサイトで見積もりをもらい、どこが一番安いのか、ロードサービスはついているか、保証は十分かなどチェックして、一番お得で安い自動車保険会社を選定しています。
過去には、アクサダイレクト、おとなの自動車保険、チューリッヒなどの自動車保険を実際に利用しました。
そのたびにプレゼントの図書カードやマックカードを一括見積サイトからもらっています。

 

 

 

インズウェブ自動車保険

インズウェブ自動車保険

保険の窓口インズウェブが行っている一括見積もりサービス。
業界最多の最大20社の見積もりを比較できます。利用者の9割以上がサービスに満足しているということで比較するのに使い勝手も良いサービスです。なんと無料見積もりするだけで全員に500円分のマックカードがもらえましたが、今はキャンペーンが終了し、ケンタッキーのチキンが2ピースもらえます!
またキャンペーンは代理店によって変わり、こしひかり3合プレゼントもあります。どちらかお選びください。
契約するわけでもなく見積もりをもらうだけでプレゼントしてくれるキャンペーンをやっているのでお得ですよね。
富士火災海上保険、あいおいニッセイ同和損害保険、AIU保険、損害保険ジャパン、三井住友海上火災保険といった大手も参加しています。

ケンタッキーのチキンが2ピースキャンペーンはこちら↓

 

こしひかり3合プレゼント↓

 

(※代理店が違いますが見積りは同じです。欲しいプレゼントに応じてお申込みください。)

 

保険スクエアbang

保険スクエアbangでは、最大17社のからの見積もりが一括で比較できます。保険会社の数が多いのでそれだけ選択肢が増えるということ。一括見積もりサイトでは最も有名なサイトなので評判も良いです。またサイト内には各社のデータを比較したコンテンツがとてもよく整備されています。こちらの一括見積もりを利用して平均で25,000円も安くなったというデータがあります。

ロードサービスや事故対応なども比較することができます。
どこにするか迷っているのであれば、保険スクエアbangの一括見積もりを選んでおけば、まず失敗はありません。

保険スクエアbang

ズバット自動車保険

ウェブクルーの運営するズバット自動車保険は、最大で21社から一括で保険お見積もりを無料で比較することができます。CMや広告で有名なアクサ損害保険、SBI損保、AIU保険など有名なところもあります。
ズバット自動車保険は見積りを依頼する際の登録が簡単だというところも支持を受けています。

 

サイト運営者である私は、毎年必ず見積もりを取っています。必ず図書カードとマックカードを毎年もらっています。
メールアドレスや住所を記入しますので、「営業の電話や迷惑メールがすごいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、すでに5年ほど実践していて電話は全くかかってきません。情報メールはたまに来ていますがYahoo!などのフリーメールを使っているので全く問題ありません。

 

 
自動車保険の一括見積もりサイトは、複数の保険会社に一括で見積もりができるので、手間を1回で済みます。さらに保険料の比較がしやすいのでどこが一番安いのか、サービスがいいのかが分かりやすく便利です。
現在の保険の満期日(契約終了時)前には必ずやっておかないといけませんので、早めに調べておきましょう。
(こちらで見積もりをしたからといって必ず契約しなければいけないということではありませんのでご安心ください。)

 

毎年安い自動車保険に加入しているつもりでも、自動車保険は、毎年見直しをする必要があるのです。
なぜかというと、前年に一番お得だった自動車保険が今年も一番お得であるとは限らないからです。
 
自動車保険会社の条件設定も変わりますし、2013年度から始まった保険料値上げなどもあります。
また、車の年数、等級、年齢などの状況が変われば、去年1番安かった自動車保険会社も変わってくるのです。
だから、自動車保険の見積もり比較は毎年やるのが基本です。

 

ですが、自動車保険の見積もりは、車検証、免許証、自動車保険の証券が必要です。

 

 

免許証の色や車に乗る条件も毎年変わってきます。そによって保険料が変わってくるので、毎年の見積もりをとって最適な自動車保険を選択することができます。

 

自動車保険見積りで図書カードをもらった人の体験談

楽天自動車保険図書カード

実際に楽天自動車保険で無料の見積もりをして申し込んで見ました。
一度の入力で5,6社から見積りをもらうことができました。楽天自動車保険の公式サイトでは最後にマックカードと図書カード、ハーゲンダッツギフト券から選ぶ画面がでてきます。そこで図書カードを選びました。
申し込みをして2週間ほどでこのように特典の図書カードが送られてきました。本屋でよく買い物をするので助かりました。
(40代男:神奈川県在住)

一括見積もりの流れ

【一括見積もりの流れ】
1、サイトから一括見積もりを行います。
2、一括もつもりサイトから完了メールが届きます。
3、保険会社の比較表が届くので確認できます。
4、保険会社からメールや郵送で見積もり結果が届きます。
5、最適な自動車保険が見つかります!
保険会社から一切電話が来ないところもあるので、安心ですし、メールでそのまま登録もできる会社もあります。

 

一括見積もりサイトを利用して保険料が安くなるというケースも多いのです。最大でも50,000円安くなる方もいるようですから、それだけ年間で変われば家族で旅行などの予算にも使えますよね!

代理店型と通販型自動車保険とどう違う?

自動車保険は大抵は購入したディーラーに任せてしまうことが多いのですが、自動車保険は毎年かかるもの。
毎年の固定費といっても過言ではありません。
携帯電話の通話料金と同様、毎回かかるものはなるべく安いところが良いですよね。
代理店型の自動車保険は、担当者がやってくれるので楽ではありますが、その反面、コストが若干ためになります。
それは、代理店の手数料や経費が乗っかってくるからです。
それに比べて、通販型自動車保険は、その代理店手数料がゼロなので、その分安くなります。
代理店型自動車保険と通販型自動車保険を比較すると以下のようになります。

>店舗型と通販型の比較<

保険料

メリット

デメリット

代理店型 代理店手数料が含まれるので高め プロのアドバイスを受けながら補償内容を検討できる。
担当者が手続きを代行してくれるので手間を省くことができる。
料金が高め
店舗まで行かないといけないので、複数社選んで比較がしにくい。
通販型 代理店手数料が含まれないので安く済む。 コストが圧倒的に安い。
店舗に出向く必要がない。
複数のサービスから選ぶことができる。
担当者がいない。申込手続きは電話やメールでのやり取りが中心。

 

事故への対応

ロードサービス

見直し

代理店型 担当者が来てれることもある。しかし夜間や遠方は難しい。 標準的 継続がほどんどあまりない。時間がかかる。
通販型 事故直後に現場に保険会社が来ることはない。(会社により可能なところも) 交通費や宿泊費も負担してくれる会社を選べる ウェブで瞬時に数パターン比較できる。
他社との比較も簡単

自動車保険料の比較

自動車保険料の比較です。ダイレクト型の通販自動車保険は上の図のように代理店の手数料がないので、格安で自動車保険に入ることができます!

自動車保険の見積もり時に必要な書類

自動車保険の見積もり時に必要なのは、この3つです。
車検証
免許証
自動車保険の証券

 

楽天自動車保険 書類
楽天自動車保険 書類
また、見積もりするために必要な項目は以下となります。
・免許取得日
・自動車保険の有効期間(加入開始と満期)
・車の車種、型式
・ナンバー
・走行距離
・現在の等級
・現在の契約内容(車両保険はあるか、ないかや各補償の掛け金額)
・事故歴

自動車保険の賢い乗り換え

自動車保険 プレゼント

自動車は都心に住んでいるのなら必要ないのかもしれませんが、やはりあるのと無いのとでは自由度の差が変わります。そんな自動車には必ず保険というものがつきまとうのです。

そこで、今加入している自動車保険に不満や不安がある方は、乗り換えてみるのもひとつの手段だと思います。
まず、乗り換える際は年払いの自動車保険なら更新時期になってから乗り換えましょう。支払った保険料がもったいないですよね。
また、自動車保険の契約をする際に、運転者限定や年齢条件なども見ると割安になることがあります。
自分だけしか運転しない、もしくは自分と妻のみしか運転しないという場合や運転者本人限定、もしくは夫婦限定で保険に加入したり、30歳以上の人しか車を運転しないなら30歳未満不担保などの制限を掛けることで割安で保険に加入することができます。
保険は毎年知らず知らずのうちに家計をひっ迫するので。こういった細かいところから考えて、賢く保険を乗り換えましょう。

自動車保険会社からもらえる特典

任意の自動車保険には、さまざまな種類があります。
自動車保険の自由化が開始されてから、そのサービス及び料金は会社によってまちまちとなり、競争化もすすんでいます。
料金の高さ安さ、サービスの必要性不必要性をよく検討して、より多くの自動車保険会社を比較してから加入する保険を決めるのがもちろんなのですが、競争化にともない各種特典をつける自動車保険会社も増えていますから、それを参考に保険選びをすすめるのもひとつの手かもしれません。
たとえば、CM放映など認知度も高いソニー損保では、カーライフ割引サービスと、ソニー商品割引クーポンという、二つの会員限定特典を用意。
カーライフ割引サービスでは、全国のホテル・旅館が最大90%オフになったり、日帰り温泉やレジャー施設が75%オフになったり。
宅配ピザが15%引きだったり有名ホテルのディナーが半額になるなんてサービスも。
ソニー商品割引クーポンでは、ソニーのインターネット直販サイトでパソコン、液晶テレビ、デジタルスチルカメラなどを会員価格で購入することができます。
また、アメリカンホームダイレクトの自動車保険では、無料弁護士電話相談や水漏れ対処といった特典がります。
いろいろ見比べてみると良いでしょう。

 

>プレゼントがもらえるサイトランキングはこちら

 

>トップに戻る

更新履歴